Home » Articles posted by 運営者

人気の転職エージェントは?

転職エージェント業界最大手と言えば、リクルートエージェントです。リクルートエージェントの最も魅力的な点は、求人数と実績にあります。扱っている求人数は11万件以上と業界№1の求人数を誇ります。そのため、リクルートエージェントではたくさんの求人の中から魅力的な求人を見つけることができます。また、転職の実績も業界№1で、ベテランのスタッフも多く在籍しています。そのため、転職する際に手厚いサポートが受けられること間違いなしです。

リクルートエージェントに次いで求人数が多いのがDODAです。DODAの求人数は9万6000件とリクルートエージェントには劣りますが、非公開求人の数はそれほど差がありません。そのため、DODAでも幅広い求人から選ぶことができます。

その一方で、マイナビエージェントも人気を集めています。マイナビエージェントは、扱っている求人数は少ないものの他にはない非公開求人を多く扱っています。そのため、マイナビエージェントでしか探すことのできない求人も多くあります。これは、有名サイトのマイナビが運営している転職エージェントならではの強みです。

このように、人気転職エージェントにはそれぞれ違った強みがあります。そのため、まずは複数の転職エージェントを利用してみると良いでしょう。

転職エージェントのデメリット

転職エージェントを利用するうえでの最も大きなデメリットは、担当者によって転職が成功するかが決まるという点です。そのため、転職エージェント選びが転職の鍵となります。例えば、企業の情報や業界の知識がない担当者相手に転職の相談をしても、得られるものは何もありません。また、連絡が遅い、態度が悪いなど常識が身に付いていない担当者もお勧めできません。

より良い転職エージェントと巡り合うためには、いくつかの転職エージェントを利用することをお勧めします。転職エージェントによって扱っている求人は異なりますが、被っている求人も多くあります。そのため、希望している企業の求人が被っている場合にはより良い転職エージェントから転職することが望ましいのです。転職エージェント選びは、転職の成功に大きく関わることは間違いありません。

また、転職エージェントは、自己応募と比べて不利になるというデメリットもあります。転職エージェントを通じて企業に応募した際に、自分と同じ能力の人が企業に直接応募していたら、後者が採用となるケースが多くあります。これは、直接応募を採用した方が企業側にとってコスト削減になるからです。転職エージェントを通じて採用すると、企業側は転職エージェントに対して紹介料を支払わなければなりません。しかし、直接応募の場合は紹介料を払う必要が無いため、必然的に有利になります。

転職エージェントを利用する際には、このようなデメリットを理解しておくことも重要です。

転職エージェントのメリット

転職エージェントの最も大きなメリットは、転職活動をサポートしてくれるところにあります。転職活動は働いている状態で行います。そのため、自分一人だけで転職の準備を進めるとなると、なかなかスムーズには進みません。しかし、転職エージェントを利用すれば、自分自身がいつ頃までに転職したいかという希望に合わせて計画を立ててもらえるため、転職活動がスムーズに進みます。

また、転職をするとなると履歴書など様々な書類を作成しなければなりません。転職エージェントでは、これら書類作成のサポートもしてくれます。それに加えて、転職エージェントでは履歴書などの書類を使い回しできるというメリットもあります。

転職エージェントは、求人数の多さにもメリットがあります。なぜ転職エージェントの求人数が多いのか、その理由はハローワークなどでは掲載されない非公開求人があるからです。たくさんある求人から転職先を決めることができるため、選択の幅はどの転職方法よりも広いと言えるでしょう。

そして、転職エージェントを利用するうえでの最も大きなメリットは、相談ができることにあります。転職活動は、基本的には一人で行わなければなりません。しかし、転職エージェントは困った際の相談相手にもなります。転職エージェントは転職のプロです。希望する企業の情報量も膨大ですので、味方に付けて損はありません。

参考資料《http://www.biyou-nurse.jp/》
…キャリアアドバイザーによる転職サポートがある美容外科・美容皮膚科専門の転職エージェントです。

転職エージェントを利用する

転職をする際の方法としては、自己応募、知り合いの伝手、職業紹介などがあります。自己応募とは、自ら求人を見つけ、企業に応募することです。この場合、転職のための準備をすべて自分一人で行わなければなりません。知り合いの伝手とは、身内や知人の働いている企業にコネで就職することで、就職内定率が良いという大きなメリットがあります。しかし、転職した先と自分の相性が悪かった場合、知り合いがいる手前辞めづらくなるといったデメリットもあります。

今回詳しく説明するのは、職業紹介についてです。職業紹介といえば、多くの人がハローワークを利用しています。ハローワークは無料職業紹介と呼ばれており、無料で職業紹介をしてくれます。職業紹介には、有料職業紹介というものもあります。これは転職エージェントとも呼ばれており、最近利用者が増加しています。

転職エージェントは有料職業紹介ですが、利用する際にお金は一切掛かりません。転職したら企業から転職エージェントに紹介料が支払われる仕組みになっています。そのため、ハローワークと同じく気軽に利用することができます。

転職エージェントは、転職を全面的にバックアップしてくれます。例えばどんな企業に転職したいか面談をし、条件に合った企業を提案してくれます。転職のために必要な書類作成や面接のための対策に関してもアドバイスをくれます。このように、転職エージョンとは転職希望者にとって心強い存在になってくれるのです。

そんな転職エージェントのメリットとデメリットをそれぞれまとめました。また、人気の転職エージェントにはどんな強みがあるのかも紹介しています。