Home » 未分類 » 転職エージェントのデメリット

転職エージェントのデメリット

転職エージェントを利用するうえでの最も大きなデメリットは、担当者によって転職が成功するかが決まるという点です。そのため、転職エージェント選びが転職の鍵となります。例えば、企業の情報や業界の知識がない担当者相手に転職の相談をしても、得られるものは何もありません。また、連絡が遅い、態度が悪いなど常識が身に付いていない担当者もお勧めできません。

より良い転職エージェントと巡り合うためには、いくつかの転職エージェントを利用することをお勧めします。転職エージェントによって扱っている求人は異なりますが、被っている求人も多くあります。そのため、希望している企業の求人が被っている場合にはより良い転職エージェントから転職することが望ましいのです。転職エージェント選びは、転職の成功に大きく関わることは間違いありません。

また、転職エージェントは、自己応募と比べて不利になるというデメリットもあります。転職エージェントを通じて企業に応募した際に、自分と同じ能力の人が企業に直接応募していたら、後者が採用となるケースが多くあります。これは、直接応募を採用した方が企業側にとってコスト削減になるからです。転職エージェントを通じて採用すると、企業側は転職エージェントに対して紹介料を支払わなければなりません。しかし、直接応募の場合は紹介料を払う必要が無いため、必然的に有利になります。

転職エージェントを利用する際には、このようなデメリットを理解しておくことも重要です。